育毛剤、発毛剤の副作用

stock-photo-science-laboratory-test-tubes-laboratory-equipment-361629410

・頭皮のかゆみや炎症
肌のタイプが個人で異なるように、頭皮も肌の一種である以上、個人でその質は異なります。
現在では天然由来成分などを配合することによって肌への刺激を極力軽減しているものが多くありますが、万人の肌に合う成分というものは事実上存在しないため、天然由来成分でもその副作用のリスクはゼロとは言い切れません。
頭皮にかゆみを感じたり、赤く腫れるなどのかぶれ(炎症)は、薬液を直接塗布する外用薬タイプの育毛剤や、育毛シャンプーなどに主にみられる症状ですが、内服薬タイプの育毛剤でも起こりえます。
育毛剤は頭皮に働きかけるタイプのものが大半を占めるので、頭皮トラブルのリスクはどの育毛剤にも共通して存在します。

・頭痛、めまい、吐き気などの体調不良
血管拡張剤のひとつである「ミノキシジル」を含有している医薬品育毛剤に起こる可能性のある症状です。
医薬品育毛剤は医薬部外品のものより効果が高いことで知られていますが、同時に副作用のリスクも高まるため、使用後に気分が悪くなった場合は使用を中止し、医師の判断を仰ぐなどの処置をとる必要があります。
また、ミノキシジルはもとは高血圧の人に処方される薬なので、もとから低血圧の人が処方するのは危険が伴うことを認識しておかなければなりません。

・その他の副作用について
一般的に育毛剤のしようによる重篤な副作用が起こる危険性はほとんどないと言われていますが、用法や用量を守らずに濫用するとそれだけ副作用の症状も重くなってしまう可能性があります。
また、育毛剤の中には成人男性専用のものが多々見られ、女性や未成年の使用を禁じているものもあります。
特に、妊娠中の女性に関しては、お腹の胎児に悪影響を与える可能性があるということで、服用はもちろん、触れることすら禁じられている育毛剤(フィナステリド系の育毛剤)もあるので、身近に妊婦さんのいる環境で使用している人は、十分注意が必要になってくるかもしれません。