呼吸が自律神経を正しくし育毛発毛を促進します。

朝は胸にたっぷり息を吸い込んで

日ごろのストレス抱え過ぎてませんか?

薄毛改善の鍵の一つが「自律神経の改善」です。

自律神経とは日中活動状態で働く交感神経と、夜睡眠時に働く副交感神経の2つからできています。

この「ON」「OFF」のバランスが乱れることで血流不足にもなり、代謝不良にもなり、薄毛の原因になるのです。

育毛発毛促進のために「副交感神経」の高め方をご紹介します。

まず朝起きたら、胸にたっぷり息を吸い込みましょう。

息を短く鼻から4回に分けて吸って、お腹に力を入れながら、吸い込んだ息を口から強くフーっと吐き出します。

呼吸は自律神経系の中で、唯一自分の意思でコントロールする事ができるものです。

自律神経とは心拍や血圧、発汗などを自動的に調整している神経のことです。

活動モードの「交感神経」と休息モードの「副交感神経」が状態や環境に合わせてバランスをとり合っています。

息を吸うと交感神経が働いて筋肉は硬くなり、息を吐くと副交感神経が働いて筋肉がゆるみます。

つまり、副交感神経が優位になっている睡眠中のゆるんだ体を引き締めて、活動モードに切り替えるのが吸う息なのです。

こうすることによって朝の目覚め方も変わるかもしれませんので、ぜひ試してみてください。