タバコは薄毛、抜け毛の原因になる。


お酒と異なり、タバコは「百害あって一利なし」と言われる嗜好品です。

健康に与える影響はもちろんですが、美容の天敵ともいわれる喫煙は、当然髪にも悪影響を与えます。

タバコが悪影響となる原因の一つに、タバコに含まれる「ニコチン」が挙げられます。タバコを吸うことで体内に吸収されたニコチンは、自律神経に刺激を与え血管収縮を誘います。

血管が収縮されると血流の量が減り、血行が悪くなります。血行が悪くなると、毛髪の形成を行う毛細胞に十分な栄養が行き届かなくなり、発毛力が落ちてしまうため抜けやすい毛髪が生えてきたり、発毛自体が起こらなくなってしまいます。

また、近年の研究により喫煙によってAGAの原因ホルモンである「ジヒドロテストステロン」やその他男性ホルモンの量が増加することが確認されています。

ジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症の最大要因と言われるホルモンで、このジヒドロテストステロンを阻害する働きを持つ育毛剤がいくつも出ているほどです。ジヒドロテストステロンが増加するということは、脱毛要因を増やしてしまうことと同義であるため、喫煙=育毛の阻害につながるのです。
 

喫煙者のM字ハゲは何をやっても生えない。

下の図の通り、ただでさえか細く少ない生え際とM字の毛細血管は、タバコによって致命的なダメージを受け最も発毛が難しくなります。

それはたとえ、クリニックでで薬を飲み、注射を打っても、産毛のような細い毛がわずかに発毛するだけにとどまり、見た目が変わることはありません。

20161013_024519900_ios

当店では、タバコを吸われている方はご契約をお断り!とまでは行きませんが、禁煙をして頂くか、喫煙者はそれなりの発毛コースで対応させていただきます
 

1日3本も20本も育毛の敵には変わりなし!

よく耳にする言葉が「タバコ減らしています。」この言葉は育毛発毛の観点から見れば無意味です。

発毛とは、かつては「生えたらノーベル賞」とまで言われた難事です。本気で薄毛を改善したい喫煙者は、1日1本のタバコですら、発毛の妨げになる事を銘記しましょう。

 

スーパースカルプ発毛センター仙台泉店

病院でも大手でもない。薄毛AGA対策の最後の砦が仙台に。自ら発毛の発毛技能士:阿部正樹です。記事を読んで頂きありがとうございました。