頭皮マニアこと、自らの発毛の発毛技能士:阿部です。

今日のブログは「これは誰得!?」という内容のブログです(笑)

当店が得意としている「つむじビフォーアフター」写真の撮り方について、ご紹介したいと思いま~すっ!!!(^-^)(シーン…。)

ブログを閉じるのを待ってください(汗)さっそく、実際の写真からご覧ください。

ビフォーはご契約日の10月26日のつむじですが、1回の施術でわずか4日後ご来店時には、ほとんどの毛の根元が明らかに太くなっています。

毛根が正常に活性化すれば1日に0.3mm伸びるので、単純に0.3ミリ×4日=1.2ミリ伸びたことになります。

つまりアフターの毛はその1.2mm伸びた根元の部分が写っているんです。

ここまで明確に経過を観察する発毛サロンや病院は他に無いです。

撮影の仕方もかなりコツがいるんですよ☆

テーブルを頭皮に見立てたとして、普通に撮影する場合は、マイクロスコープは頭皮に軽くあてて撮影します。

そして、つむじを撮影する場合は、伸びた根元がよく観察できるように、マイクロスコープと頭皮の間に薬指をちょいと挟んでカメラを離して広角で撮影します。

・・・・で??と言わないで(笑)

これは発毛の発毛技能士として阿部が9年半お客様の発毛と向き合う中で独自に編み出した経過観察の良い方法なんです☆

ぜひお試し体験コースでご自身の「つむじ」を確認してみてください(^-^)